浮気の証拠を探偵による浮気調査で得ることができたとしても離婚した方がいいと、簡単には言えないものです。子供がいるご夫婦の場合は特に配偶者の浮気がどうしようもない事実だと知ったところで離婚などそう簡単にすることなどできません。 請求することの出来る養育費も少額な事が多いですし、来月、来月、と先延ばしにされて支払われないこともありますから、女手一つで育てていく大変さは、並大抵ではありません。男手一つで育てる場合にもまた同様で簡単にシゴトと両立することはできないでしょう。不貞の慰謝料は200万円前後が相場ですが、50万円程度のケースもありますし、ケースによっては400万円くらいのこともあります。実は、離婚しなくても慰謝料の請求は出来るのですが、その金額は少なくなってしまうでしょう。また、不倫相手の方が配偶者との肉体関係を認めないときには証拠が必要になります。第三者からみても明白な浮気の証拠が必要です。不倫に関する問題を相談するなら弁護士がいいでしょう。離婚する方向に考えるのか、不倫相手から慰謝料を取る方向に考えるのかを考えてから相談しましょう。もし、不貞の証拠を掴もうとしている場合には、探偵や興信所に相談しましょう。女性の場合、近所に住む奥さんやお友達に相談してしまう人もまあまあ多いですが、後で噂になりたくないなら、相談しないようにしましょう。よく着る服装が変化してきたら、よくない兆候です。浮気の相手が好きな格好をしようとしていたり、ちょっとだとしてもセンスの良いところを見せようとしたりしている可能性も高いです。突如、年よりも若めの色柄の格好チョイスしてきたら、まあまあ怪しい臭いがします。とりわけセクシーな下着を身につけるようになったら、浮気をしている場合が多くあります。探偵の尾行代が幾ら位かと言うと、調査員の数によっても変わりますが、相場としては、1時間で1万円から3万円が目安です。当然ですが、調査員が少数なら安く、多くなるほど高くなります。そして尾行の際、移動のために車やバイクを使った場合、交通費や車両費といった名目で別途請求があがってくることがありますので、確認したほうが良いでしょう。浮気調査で先ずすべき事は、不倫相手の存在を明らかにする事です。確かな浮気の痕跡を入手出来ない場合には調査を続行するかどうか、この時点で決定されます。証拠が揃い、浮気がエラーなくなったならば、次にすべ聞ことは、浮気相手の特定です。主にパートナーの尾行を中心として、見張りなどの方法も用いて、不倫相手の正体を確認するのです。動き方を書き留めておくことで浮気の決定的な証拠をつかむこともあります。日々の人間の行動には、ほぼ決まったパターンがあります。しかし、浮気すると、決まったパターンが崩れます。変わった時間帯や曜日が決定づけることができたら、動き方をよく見ていると、浮気の裏付けがしやすくなります。ロコモエースの評判・口コミ!効果、副作用、成分は? ... Read More