法律の中で、夫婦関係にある人が婚姻関係にない人と自分から肉体関係を持つことを浮気といいます。すなわち、法律の上では、性関係になければ、共に出かけたりしても、 不倫ではないのです。個人で男女の関係を実証することは難しいかも知れませんが、プロの業者に依頼するという方法もあります。探偵に浮気調査を依頼して払う費用内容は「実費」と「時間給」の2つです。実費とは具体的には交通費や写真の撮影にかかる費用などのことを指しますが、調査中の食費が加わることもあるようです。一方、時間給の方は、調査員の数×調査を行った時間で、費用が算出されます。短い期間で浮気調査を終えると請求額も少額となります。所以もわからず自分で動き回るよりは、探偵に浮気調査を頼む方がいいと思います。探偵にお願いすると、浮気の証拠をちゃんとつかめます。自分が浮気の証拠をつかもうと調べてみても、浮気しているということはすぐに調べがつきます。でも、パートナーを問い詰めても頑として浮気してない、と言い張ったら、離婚するに際して有利な条件を引き出せません。そのためには、絶対確実な証拠が必要です。格好をチェックすることで浮気の裏付けをすることもできます。浮気をすることで、目に見えて出現してくるのは身なりの変容です。おしゃれをすることにはそれまで関心がなかったのに、突然、服装にこだわりができたら注意する必要があるでしょう。いつか浮気し沿うな人や、とっくに浮気のパートナーがいたりするかも知れません。食事をした際に店で発行する領収証には飲食時の人の数が推測できてしまうように印字されている事がありますから、不倫と決定づける参考資料となります。さらに、クレジットカード使用時の支出については毎月きちんと目を通すようにします。仕事で使ったにもかかわらずビジネスホテルではなかったり、シングルの宿泊費にしては高額だったりすると、一人ではなく誰かとい立と見られることがあるのです。 仕事を辞めたくなったら 「仕事辞めたい」7つの理由とリアル対処法 ... Read More