1.相場としては200万円前後 不倫の慰謝料の相場としては200万円前後ですが、50万円程度となるケースもありますし、400万円くらいのケースもあります。実は、離婚しなくても慰謝料の請求はできますが、額は低くなるのです。さらに、不倫相手が不倫を認めない時には必要なのは証拠です。 無関係な人からみても明らかな浮気の証拠がなくてはいけません。結婚している相方が、浮気しているときでも今後も、パートナーでありつづけたいのなら浮気相手との逢引現場に向かうのはするべきではありません。浮気していることを指摘された結果、妻または夫の頭に血が上って、居直ってしまって、離婚を避けられない事態に陥ることもあります。それだけでなく、あなたのパートナーと通じていた相手と言葉を交わしてしまうとひどくイライラ指せられてしまいます。成功報酬制度を持った探偵事務所に浮気の調査をおねがいすれば得をするかと言うとケースバイケースで沿うでないこともあります。成功報酬と言うと、一般的には調査を不成功で終わった時、お金を払わなくても済むので依頼者から考えると得ではないかと思うのです。ですから、成功報酬の探偵事務所に特定して、選んでいる人さえいるのです。 原一探偵名古屋 2.プロでも失敗はある 探偵が浮気調査を行なう時でも失敗する場合があるでしょう。探偵が浮気調査に精とおしているといっても、成功しないことがありえます。調査対象が不意に車に乗るとか、電車に飛び乗ったり、尾行がばれることもあるでしょう。それか、浮気調査期間中に不倫している相手に関わらない場合には証拠入手が困難です。本人に気づかれないようにして、浮気しているという客観的な証拠を掴むためには、必要とされる技術および機材があります。浮気現場の写真を撮ったとしても、露出が足りず、誰の顔かはっきり見分けられないのでは証拠にならないのは仕方の無いことです。浮気調査を探偵に依頼した場合は、超小型の機材を使い全く気づかれずに顔がはっきり判る写真を撮ることが出来るのです。興信所と探偵事務所のちがう所を聴かれた場合、別段変わりは無いと言っても言い過ぎではありません。双方とも、浮気調査、身辺調査、他にもストーカー対策、行方不明者の捜索のような類似した仕事をしています。ただし、あえて言うと、傾向としては興信所は企業や団体から多く依頼され、探偵は個人からの依頼が多い傾向です。 3.不倫の法律上の定義は 法律の中では、婚姻関係にある人が婚姻関係にない人と自分から肉体関係を持つことを浮気といいます。すなわち、法律上では、性関係になければ、ご飯やあそびに行ったとしても、不倫ではありません。自分で助けを借りずに肉体関係を証明することは難しいですが、探偵や興信所の力を借りるということも考えてみてもいいかもしれません。離婚ということになってもかまわない、その場合の慰謝料は少しでもたくさん取りたいとの考えなら、浮気の現場を押さえてしまう方法もアリです。その場合でも、自分だけで乗り込むというのは揉める元なので、できるだけ避けましょう。あなたが信じて頼れる人と行けば、事件を起こすほど感情的になる可能性もありません。心から信頼する人がともに行く都合が付かない場合には、思い切って探偵などに頼んでしまいましょう。 ... Read More